鍵の紛失

鍵は紛失するもの

鍵のトラブルでいちばん多いのは、鍵の紛失です。

鍵というのは小さい上に常に持ち歩くものですから、
紛失するリスクがあります。

これまでに一度でも鍵を紛失したことがあるという人は多いんじゃないでしょうか?
もし家にいるときに鍵を紛失すれば、
出かけたくても外に出られないことになってしまいます。

また、外出中に持って出た家の鍵がなくなってしまえば、
帰宅しても家の中に入ることができません。

鍵の紛失はいつ起こるかわかりませんから、普段から用心しておくようにしましょう。

鍵の紛失に備える方法としては、
まず第一に、スペアキーを用意しておくことです。

スペアキーを家に常備しておけば、普段使用している鍵がなくなっても、
家から出るときには問題は起こりません。

けれど、外出中に鍵をなくした場合には、
スペアキーが家の中にあったところでどうしようもありませんから、
スペアキーを家の中以外にも用意しておいた方が良いでしょう。

スペアキーを信頼できる家族や親戚、友人、知人などに預けておけば、
外出中に鍵がなくなってもスペアキーの受け渡しができます。

また、スペアキーを会社に置いておくなどすれば、
持ち歩いていた鍵がなくなったときにも安心です。

 

鍵がなくなったらどうする?

鍵を紛失してしまったけれど、スペアキーも用意しておらず、
どうしようもないということもあるでしょう。

こうしたときには、自分の力で鍵を開け閉めするのは困難ですから、
鍵の専門業者にスペアキーの作製や鍵の開錠を依頼しましょう。

自分で工具を使って鍵をいじると、
仮に一度は開け閉めができても、それ以降鍵が使えなくなることが考えられます。

鍵は素人が下手に触らない方が無難です。

鍵の専門業者に頼めば、高額の費用を請求されるのではと危惧してしまう人もいるかもしれませんが、
現地まで無料で来てくれて、事前にきちんと見積もりをしてくれる業者もありますから、
そういった業者を選んで依頼しましょう。